MENU

足湯健康法による育毛、薄毛対策

足湯健康法はポピュラーな健康法としてすっかり浸透しています。足湯は、育毛、薄毛にも効果的です。育毛、薄毛には体の冷えを取り、体内の毒素を取り除き、健康を増進する事が大切です。

 

足の先がいつも冷たい人は、正反対の部分の頭皮も、血液の流れが悪く冷たいものです。育毛、薄毛には血のめぐりも大きく関わります。これではどんなに髪の毛の素になる栄養をバランスよく摂ったとしても、その栄養が血液によって毛母細胞にきちんと行き渡りません。そこで、血液の流れの正常化のため、足湯が効果的で、育毛、薄毛にも効用があるのです。

 

 

育毛、薄毛だけでなく、体のリフレッシュも含めて、温泉での足湯が効果的ですが、手軽に出来る方法で、家庭用足湯器があります。ただ、お湯で温められるもので、スチームや電熱は避けた方がよいでしょう。

 

温度の調整も出来、ふくらはぎまでつかれるものが良いです。お湯の温度は冬で40°C前後・夏で38°C程度が適温で、くるぶしの上まで浸かるように10分〜20分足を浸けます。

 

 

使用後は、水分を良くふき取ることです。使用後、靴下を重ねて履き、足の温かさを保つようにすると良いでしょう。ただ、靴下を重ねて履くときは、充分に余裕のあるものを履き、ゴムがきついものを履かないようにして、足の血流を保つように気をつけなければいけません。

 

 

足湯の効果で、白髪が目立たなくなった、という声も聞きます。育毛、薄毛に対し、頭ではなく、足元からのケア、というわけです。

育毛、薄毛への行政の対応

育毛、薄毛に悩む人の増加に伴い、毛髪関連事業の市場も拡大傾向にあります。これに伴い、消費者センターや国民生活センター等へ寄せられるセールスやサービスに対する相談や苦情の件数も増加しています。

 

 

行政機関もこの状況に対応し、2003年には東京都が主要8社に対して調査と指導を行いました。

 

 

それを受けて、日本発毛促進協会が設立されました。業界自らが自主的に育毛、薄毛対策に関する不適正な部分を正すために設立された任意団体で、非営利法人である有限責任中間法人の形をとっています。

 

 

主な業務として、行政に対しては、情報交換・意見交換を密接に行い、特定商取引法や消費者契約法など各種法令の遵守の推進。

 

消費者に対しては、積極的な情報提供や相談窓口の開設で、育毛、薄毛に関する関連サービスを安心して受けられるよう支援。

 

業者に対しては、法令遵守を指導するとともに独自のサービスガイドラインを提供し、育毛、薄毛に関するサービスレベル向上を支援、などの業務を行っています。

 

 

育毛、薄毛で悩んでいる人に発毛というサービスの実体を正しく伝え、消費者が安心して利用できるようにサポートすることを主とした役割にしています。各種苦情に対しても、消費者の声を企業に伝えるとともに、問題解決の提案などを行います。

 

 

育毛、薄毛の悩みに関しては、こうしたところにも相談してみるとよいでしょう。

 

育毛、薄毛のフケ対策

育毛、薄毛には、フケも大きく関わってきます。フケに対する対策もきちんと行うことで、育毛、薄毛の悩みの解消につながるのです。
フケには乾性と脂性があります。

 

乾性のフケは若い方に多く、清潔を保とうとして必要以上にシャンプーしすぎた場合に発生することがあります。シャンプーの回数を減らしたり刺激の少ないシャンプーに変えることで解消されることが多いものです。育毛、薄毛のケアでシャンプーは大事ですが、シャンプーの仕方にも気をつけなければいけません。

 

 

脂性の場合はフケが毛穴に残ることで発毛を阻害することになるので注意がいります。フケが微生物のえさになり炎症を起こす脂漏性脱毛症になる危険性もあります。こうなると育毛、薄毛だけでなく病気と言える状態ですから、皮膚科に相談した方が良いでしょう。このタイプはとにかく毎日シャンプーを欠かさずに。皮脂や雑菌をきちんと落とすために、頭皮クレンジングの使用も効果的です。

 

 

血行をよくし、髪に栄養が供給されやすくすることも必要で、ストレスは自律神経の交感神経が活発になり、毛細血管を収縮させ、結果血行が悪くなり、頭皮に栄養が十分に届かなくなってしまいます。

 

 

ストレスをためないためにも解消法を見つけましょう。そのためにも、適度な運動は血行促進、ストレス解消にも有効です。育毛、薄毛に対してだけでなく、体全体の健康のためにもなります。

 

 

また、夜型生活は、肌の大敵といわれ、頭皮も皮膚の一部です。髪の成長は深夜から明け方にかけてもっとも活発になります。
規則正しい生活で、充分な睡眠を取ることも育毛、薄毛の対策として大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活習慣の改善が育毛、薄毛に大事

 

 

このため、生活習慣を見直すことが、育毛、薄毛の対策として重要になってきます。
食事面では、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、タンパク質の5つの5大栄養素をバランスよく摂ることが育毛、薄毛への効果的な対策となり、育毛促進につながります。

 

 

飲酒は、ある一定量を越えると血液循環が悪くなりますし、髪にも悪影響を与えます。髪はケラチンというタンパク質からできています。身体の中でタンパク質を作る肝臓を過度の飲酒で酷使してしまうと、タンパク質が十分に作られずに髪に必要な栄養が不足することになるのです。育毛、薄毛対策だけでなく、体そのものの健康のためでもあります。

 

 

喫煙も、度を越すと、害になります。血管を収縮させ血行不良の原因になり、頭皮の血行も悪くして、十分な栄養も行き渡らずに育毛、薄毛対策の妨げになります。

 

 

午後10時から午前2時ごろは、末端の細小動脈が拡張して毛母細胞に栄養が多く運ばれ新陳代謝が最も活発で古くなった細胞が新しく再生され髪がよく成長します。この時間に起きていると血液が別の組織、細胞に回され、毛母細胞までには行き渡らなくなります。したがって、夜更かしや睡眠不足、不規則な睡眠は育毛、薄毛対策にもよくないのです。

 

 

過度のストレスは血管を収縮させ、血流量を減らします。自分なりのストレス発散方法を見つけてストレスをためないようにすることも大切です。